不整脈の原因と症状、治療について

不整脈とは心臓の刺激伝導系の異常により、心臓のリズム拍動が乱れる状態のことです。
原因としては、ペースメーカー異常やペースメーカー以外の異所刺激、QT延長症候群(刺激伝導系の逆発活動)などの刺激の生成異常の他、リエントリーやブロックなどの刺激伝導異常が挙げられます。
不整脈は心拍数の変化の仕方により、頻脈性不整脈と徐脈性不整脈に分類され、患者数は頻脈性不整脈の方が多いです。
心電図所見により不整脈の鑑別ができます。
主な症状としては、動悸・胸痛・胸部違和感・息切れが見られます。
重症の場合はふらつき、失神(Adams-Stokes症候群)なども現れます。
なお、自覚症状を認めない無症候性不整脈にも注意が必要です。
治療としては、薬物療法と非薬物療法が行われます。
薬物治療では抗不整脈薬が処方されます。
非薬物治療では、カテーテルアブレーション(心筋焼灼術)、電気的除細動の実施や埋め込み型除細動器の挿入などが行われます。